読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文

天下のジャニーズだって、アイドルになるために生まれてきた子も、偶然アイドルになった子もいるけど、でも、みんな普通の男の子じゃないですか。

でも颯くんはその普通じゃないんです。ちょっと変わった子って言われたりもするけど、天性の才能と、努力の才能が飛び抜けてる。


この前、ふうくんが退所したって知った。
すごいすごいすごい悲しくて、でもなぜか冷静で、Twitterから離れられなくて、人の呟き見ていたら泣けてきて、それでも干されすぎてていなくなった感じが分からなくて、でも雑誌に載ってないとやっぱり寂しくて…… 

寂しい悲しいはもちろん、"悔しい"が大きかった。

自分の言葉じゃ表せないから人の呟きをリツイートしたり、いいね!じゃねえよって思いながらも勝手に共感したツイートにハート押したりして


セクシーゾーンのデビュー曲で、ヘッドスピンをする少年を見た。その時の感想といえば
「回ってる…こっちに目がいく…(笑)」

そのあと私が彼を好きになって、ヘッドスピンをしなくても彼に目を向けることはまだ知らない。

しばらくしてセクゾにはまり、その後彼の名前を知って、人生で最初で、おそらく最後の担当を名乗りはじめた。担当になった経緯は覚えていない。
たぶん、年下とかそんなの関係なくて、ただかっこよかったから。顔はもちろん、パフォーマンスが、ストイックなところが、なんでもできちゃうところが。
若いのに、こんなにすごい人がいるんだ‼︎って颯くんを知るたびに感じた。

それまでほとんど無趣味だったけど、颯くんを知ってから毎日が本当に明るかった。
颯くんの情報(もちろんお仕事のことネ)を見るのが楽しみで、そのために大変なことも頑張れた。
現場に行きやすい大学に行きたい!!って、志望校を上げたりもした。


少クラも滝チャンも、ジュニランもガムシャラも、スマスマもドラマもCMも、コンサートのレポも雑誌も。その他にも颯くんのJr活動をたーくさん見れてよかった。


岸くんのことを大好きな颯くん、感情豊かな颯くん、真面目なのか変人なのか分からない颯くん、ピアノ弾いたりギター弾いたりできる颯くん、叱られる力を鍛えるためとか上手に話すための本を読んでる颯くん、俺コンって言われちゃう颯くん、麦茶とカウアンの話しかしない颯くん、、、、、まだまだ書いていたいことがありすぎる。


颯くんがいれば充分だから私はどの組み合わせにも特にこだわりは無いけれど、と、いいつつ、セクバが大好きで大好きでたまらない。
夢と希望しかないステージが、世界中の何よりもキラキラしていた。
何かのためとかじゃなくて、世界を知らなくて、デビューどうこう関係無しにただ一生懸命にパフォーマンスする姿が愛おしくって仕方がなかった。
当時よく歌っていた(※声はばっちり薮くんたちだったりも…)Ya-Ya-yahの、特にHA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YUと、セクボのDon't Stop Sexy Boyz!を聞くと泣きそうになる。歌詞が痛いほど響いてくるから。 


岸颯は別に仲良しでも何でもなくて、ただの同僚なのに、それなのにシンメで踊ったときの圧倒的なオーラが好きだった。
岸颯に特別思い入れがあるわけではない私でも、シンメが解消した後もシンメになったときは嬉しかったし、凄いと思ったし、かっこよかった。これが最後…と何度も思った。
ただ、シンメの位置で踊ること。仲良くなくたって、それだけで良かった。
でも、岸颯が大好きなのって颯担のエゴだと思っていて、引け目を感じていた。だって、岸くんには今、ホームがあるから。岸颯岸颯って騒いだり懐古したりするのを、快く思わない人だっているだろうから。って。

だから基本的に颯くんがいればいいと思っていた。
たじーがいなくなったときはシンメとか立ち位置とかどうなるんだろうって、カウアンが退所したときは一緒にいなくなったら(そんなはずないと思ってるのに)どうしようって、颯くんのことばかり心配してしまった。

でもね、嶺亜くんがいつも、いつまでも仲良くしてくれてるのを見てとてもとても嬉しかった。ありがたかった。(ふうれあ大好きだよ!!)
今月の雑誌でも颯くんの話をしてくれてありがとう。


2016年、つまり昨年、私は自由に現場に行ける身になった。颯くんの現場に行きたい…って思ってた。
けどクリエもハニバタも高かった(※転売)から諦めた。チケット取れなかったから文句はまあ言えないか…。
雑誌のハガキとか要望を送るくらいしかできなかった。悔しい。
最後までジャニーズの颯くんを、画面を、誌面を通さずに見ることはできなかった。


みんなが慌ててフリと位置を覚えてる中、おにぎり食べながら英語の勉強してた颯くん。
なんでもさらっとこなす、って羨ましがられる颯くん。
雑誌でみじゅきにヒーローって言われる颯くん。
天才ぶりが分かるエピソードが大好きだった。レポで褒められてるのが嬉しかった。 

これは私だけかもしれないけど、「颯くん」って多くの人がくん付けで呼んでくれるのが好きだった。なんか特別感があって、そういう(どういう?)存在なんだなって勝手に思ってた。

中には颯くんのこと嫌いなジャニヲタもいるのかもしれないけど、颯くんの才能はみんな認めてると思う。だって才能が溢れてるもん。
今も、Jr.の誰よりも才能があると思っている。

1回1回のステージが、自分の未来を作っていくんだと自覚ながら踊っている、と発言した颯くん。才能がある上に、努力も怠らない。なんて素敵な人なのだろう。

パフォーマンスを見たいって思ったのはきみだけ。他の現場行ったりもしたけど、引きこまれるということがなくて。早く颯くんのパフォーマンスを見たいって思ってた。


でもいつも努力してきて、これ以上何を努力すればいいのか分からない颯くんもいた。
ユニットばかりが推される時代。どんどん下げられていく中ユニットなしで戦うのは、どう考えても不利だった。
どうして推してくれないの?って、ファンでさて辛いほど思っていたから、それ以上に本人はもどかしかっただろうね。

不思議なことに今までキラキラして見てたジャニーズの世界に対して、そう思えなくなった。?? いや、本当に輝いて見えていたか、と聞かれたらそうではない。颯くん以外を見ても、輝いては見えなくなっていた気がする。モンペすぎてごめんなさい。

颯くんがいない少クラもコンサートも、雑誌でさえも、悲しいくなるから見たくない。じむしょのゴタゴタを何度も見ているから、じむしょのことは好きじゃないし。(※ジャニーズタレントのアンチではありません。)もしかしたら、飼い殺しにされるよりましって考えたのかな。

どなたかも呟いていたけれど、絶望感そのものだな。どう頑張ったって、どうせ上の人間の意向で…って思ってしまう。ちなみに私は担降りとか推し変とかしないです。颯くんを応援する上での(?)ジャニヲタだったから。


ほんとはまだまだ見ていたい。辞めるなんて早すぎる。19歳の誕生日もお祝いしたい。ほんとはね。

結果的に在宅ファンとなってしまったけど(ごめんね)、ジャニーズJrの髙橋颯が大好きだったんです。彼がジャニーズだから好きなのかなって考えたこともあった。あの豪華な世界で輝いているのが好きなのかなって。
でも、違う。颯くんだから好きなのだ。


颯くんの決断だから、他人が何を言うことじゃないよね。だから応援してる。
もし芸能活動続けるなら、世界一になってね。ジャニーズなんかと比べられないくらい。君ならなれるよ、と、ヲタクは思っている。

この先どうするかは分からないけど、
もし、芸能界に戻ってきたときは教えてね。

ふうくーん!幸せになってね!!これから先どんなことがあろうと、君なら絶対に絶対に絶対に絶対に大丈夫。

"彷徨っても つまずいても ぼくらの手には 未來があるから" 

気づいたら長文すぎてびっくりした…
言いたいことだけを全てではないけど書きました。思い出をひとつひとつ書き出したら収まらないので……
読みづらくて見苦しい、文才も何もない作文を読んでくださった方、いらっしゃいましたらありがとうございます。

本人を見たことないのにこんなに書いてすみません。他の方の文章を見ていたら、私は現場も行けていないのに、他にもっと熱量を持って応援しているファンが大勢いるのにこんなに書いていいのかと不安だけど…

髙橋颯くんという素晴らしい人がいること、そのファンがいることを示したくて残したくてブログを書きました。

「〜だった」と過去形で書くたびに悲しかったな。
颯くんのことやこんな気持ち一生忘れないと思う。事あるごとに思い出すだろうな。颯くんはわたしの青春だった。

18歳でこんなにも多くの他人の夢を背負うって。颯くんだからこそできたことだと思う。
17歳の夏のインタビューで、「人から尊敬される人でありたい」って答えてたけど、すでにたーーーくさんの人から尊敬されているよ。
これからは、これからも、颯くんの好きなように、自由に生きてね。

6年間おつかれさまでした。
本当に本当にありがとう。
本当に本当に大好きです。
颯くんの幸せを願っています。